beta

Herokuで「xxx has unmet peer dependency yyy」というエラーが起きた時の対応

HerokuでNode.jsアプリをデプロイしたら「~ has unmet peer dependency ~」というエラーが起きてビルドエラーになったので、対応方法をまとめました。

公開日:2019年12月1日

現象

ローカルでは普通に使えているのに、

git push heroku master

でデプロイしたら、下記のエラーが出てビルドエラーになりました。

remote: -----> Pruning devDependencies
remote:        yarn install v1.19.2
remote:        [1/4] Resolving packages...
remote:        [2/4] Fetching packages...
remote:        [3/4] Linking dependencies...
remote:        warning " > promise-ftp@1.3.5" has unmet peer dependency "promise-ftp-common@^1.1.5".
remote:        [4/4] Building fresh packages...
remote:        warning Ignored scripts due to flag.
remote:        Done in 1.32s.

「xxx has unmet peer dependency yyy」

という部分です。

どうやら、パッケージの依存関係の問題みたいです。ローカルでは問題ないのに。。。

解決方法

こちらのページに書いてあった通りです。

インストール時のPeer依存パッケージに関する警告の対処法

yarn add [yyyのパッケージ名]

エラーの出たパッケージを追加すればいいだけってことですね。


原因がわかってしまえば簡単ですが、意外とはまりそうだったので残りしておきました。